切る脂肪吸引

大きなお腹

美容外科の脂肪吸引といって、切る脂肪吸引を思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。
切る脂肪吸引は、カニューレという細い管を使って脂肪細胞を吸引します。
ダイエットは、日々の積み重ねで効果を実感できるものです。
その一方美容外科の切る脂肪吸引は、1度の施術でたくさんの脂肪吸引ができます。
そのため、短期間で美ボディを手に入れたい人には切る脂肪吸引がおすすめです。
他にも、ダイエットで起こりうるリバウンドも、切る脂肪吸引ではほとんど心配いりません。
切る脂肪吸引では、脂肪細胞ごと取り除くことから、施術箇所は太りにくくなるのです。

ただ、切る脂肪吸引は少なからず体に傷をつけることになります。
そのため、施術後には痛みや腫れが出てきます。
最近では体への負担が少なくはなっているとはいうものの、施術後に痛みや腫れといった症状が出ることは仕方のないことです。
また、切る脂肪吸引は医師の技術がとても重要になってきます。
施術を受けた影響で後遺症が残ることもあるため、どの美容外科で施術を受けるかを慎重に決めなければなりません。

切る脂肪吸引には色々ありますが、なかでも”ベイザーリポ”や”ボディジェット”はよく利用されています。
ベイザーリポはカニューレの先端から出る振動エネルギーによって、脂肪細胞を柔らかくした後に脂肪を取り除く施術です。二の腕やウエスト、お腹、ふくらはぎなど、あらゆる箇所に対応しています。
この施術で、皮下脂肪を90%近く取り除くことができるため、高いダイエット効果が期待できます。
ボディジェットは、カニューレの先からジェット水流を流し、脂肪細胞と他の組織を分けて脂肪吸引を行う施術です。
ボディジェットも二の腕やウエストなどあらゆる箇所の施術が行えます。
この施術では脂肪細胞と他の組織を分けるため、他の組織を傷つけることなく施術できるのが特徴です。