切らない脂肪吸引

腕をクロスさせる人

美容外科の脂肪吸引は怖いものと感じる人は、切る脂肪吸引を思い浮かべているのではないでしょうか。
しかし、美容外科には切らない脂肪吸引もあります。
この施術でも、十分にダイエット効果が得られるため、美容外科の施術に抵抗を感じる人は切らない脂肪吸引を選択し、施術を受けてみるといいかもしれません。

美容外科で受けられる切らない脂肪吸引の最大のメリットといえば、体への負担が少ないことです。
切る脂肪吸引のように、切らない脂肪吸引でも腫れや痛みがありますが、切らない脂肪吸引の方が短い期間で治ります。
切らなくてもダイエット効果は得られることから、脂肪吸引を希望する人は切らない脂肪吸引を選ぶという人が少なくありません。
切らない脂肪吸引は、切る脂肪吸引に比べると1度に取り除ける分が決まっています。
しかし、安全にそして痛みの少ない施術を希望するなら、切らない脂肪吸引がおすすめです。

美容外科で行う切らない脂肪吸引には、”ライポソニックス”や”ゼルティック”、”ウルトラアクセント”などがあります。
ライポソニックスは、超音波の熱エネルギーで脂肪細胞を破壊してダイエット効果を得られるといった施術です。
厚さのある脂肪でも、十分に超音波が届くようになっているため、ふくよかな人でもダイエット効果を実感できます。この施術は、脂肪吸引のなかでも高いダイエット効果が得られると評判です。
ゼルティックは、脂肪細胞を冷やして破壊する施術です。
脂肪細胞を減少させる効果があるため、ゼルティックの施術を受けることでリバウンドしづらい体を手に入れられます。
ウルトラアクセントは、超音波で脂肪細胞を破壊し、高周波で体の外へ出すといったメカニズムでダイエット効果が得られる施術です。
超音波は脂肪細胞のみに反応するようになっていることから、周辺の組織にダメージを与えることなく施術が可能です。また、高周波にはコラーゲンの生成を助ける役割があるため、施術箇所がツヤツヤになることが期待できます。
このように、美容外科で受けられる脂肪吸引にはさまざまな種類があるのです。